金融用語集

金融用語集 や行

融資
融資(ゆうし、英語:loan)とは、資金を融通すること。つまりお金を必要とする者にそれを貸すこと。(特に消費者金融などを中心として)カタカナで「ローン」とも呼ばれる。銀行などの金融機関は、法人や個人などを相手に、利息(金利)を得る目的で行っている。多くは金銭消費貸借契約を結ぶという形で行っている。ただし、そうではない目的・形態で融資を行っている組織・機関・団体もある。 証書貸付、手形貸付、当座貸越などと同義に用いられることもあるが、より広義には手形割引なども含む。貸付けの場合、貸し手側から見ると貸したお金は、会計上、資産という勘定科目に入れられる(法的には金銭債権となる)。貸付けの場合には、貸し手は貸付人とも呼ばれる。

(ウィキぺディアより引用)

優先株式
優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。優先株式は、普通株式よりも低リスクで社債よりも高リスクであり、そのようなメザニン・ファイナンスを好む投資家向けに発行されることとなる。これに対して、上記の場合に劣後的取扱いを受ける株式を劣後株式(後配株式)といい、標準となる通常の株式を普通株式という。

(ウィキぺディアより引用)

預金
預金(よきん、英: Deposit)とは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などの預貯金取扱金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭のこと。法令上、取り扱う金融機関に応じて「貯金」という語との使い分けがなされるが、性質は同じである。

(ウィキぺディアより引用)

消費者金融リンク