金融用語集

金融用語集 は行

配当
配当とは、社員(株主)が利益配当請求権(剰余金配当請求権、105条1項1号、621条1項)に基づいて受け取ることができる利益の分配のことである。一般に配当という場合には現金によって支払われる現金配当を指すが、現在の株式分割を、株式による配当(株式配当)と表現していたこともあった。会社法においては配当財産が現金以外である場合が存在すること(現物配当)を明示的に認めているが、株式、社債及び新株予約権は除かれている(454条1項1号、4項)。かつては、現金配当のかわりに株式(新株)自体を配当として株主に配ることもあった(1990年頃のにっかつなど)。これを株式配当という。これは、資本構成上は、いわゆるかつての無償増資、現在で言えば小幅な株式分割と同じことであり、一株当たり利益は当然薄まり、株価は下がるので、実質的にはあまり意味がないものであった。単位株制度導入以後は、実質的になくなった。

(ウィキぺディアより引用)

売買
売買(ばいばい)とは、当事者の一方(売主)が目的物の財産権を相手方(買主)に移転し、相手方(買主)がこれに対してその代金を支払うことを内容とする契約である。日本の民法では典型契約の一種とされる(555条)。貨幣経済の発達した今日、売買は物資の配分あるいは商品の流通を担う最も重要な契約類型とされる[5]。売買と交換の関係であるが、講学上、典型契約としての交換(586条)を狭義の交換とし、売買契約など広く財産権の移転を内容とする取引一般を指して広義の交換と概念づけることもある。歴史的にみると交換という形態は広く商品経済の発達以前から存在したが、貨幣経済の発達の結果、その中から物に対する貨幣の交換という取引形態が分化し独立したものが売買であると理解されている。

(ウィキぺディアより引用)

負債
「負債」は、他人からお金や物資を借りることであり、また借りた金銭や物資のことである。なかでも金銭を借りることや、借りた金銭のことは「借金」と呼ばれている。 「借りる」というのは、将来的に返すという約束のもとに他人の何かを使用することを意味している。将来的に返す約束があるので、法律上は債務に分類される。

(ウィキぺディアより引用)

法律
法律(ほうりつ)とは、以下のように様々な意味で用いられる。 日本法上、国会により制定される成文法。 日本に限らず、一般に、国家や連邦国家の構成単位の議会の議決を経て制定される成文法。 より一般的には、統治者ないし国家により制定される実定法規範。 そのうち、議会の議決を経て制定されるべきもの。

(ウィキぺディアより引用)

消費者金融リンク