金融用語集

金融用語集 ま行

マルクス経済学
マルクス経済学(マルクスけいざいがく、英: Marxian economics)は、カール・マルクスの主著『資本論』において展開された、諸カテゴリー及び方法論に依拠した体系である。 マルクスは、アダム・スミス、デヴィッド・リカードらのいわゆるイギリス古典派経済学の諸成果、殊にその労働価値説を批判的に継承し、「剰余価値」概念を確立するとともに、その剰余価値論によって資本の本質を分析し、同時に古典派経済学の視界を越えて、資本主義の歴史的性格をその内的構成から解明しようとした。

(ウィキぺディアより引用)

未収金
未収金(みしゅうきん)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。 本来の営業取引以外の非継続的な取引から生じる債権が未収金に含まれる。「未収入金」、医療では「治療未収金」、「治療未収入金」ともいう。本来の営業取引の債権を扱う売掛金や、本来の営業取引以外の継続的な取引を扱う未収収益と区別される。回収の予定が決算日の翌日から1年以内なら流動資産の部に、1年を超えるものは固定資産の部に「長期未収金」として表示する。

(ウィキぺディアより引用)

消費者金融リンク