消費者金融 ホームページをご覧頂きありがとうございます。これからお金を借りようとしている方へ、 消費者金融といえどもお金を借りるのですからよく考えるようにして下さいね。 きちんと返済をすればまた困った時には助けてくれる存在になりますので信頼関係を大切にするようにしてくれるように思って頂くと幸いです。
賢く借りてきちんと返す!



HOME>

消費者金融キャレント 最短《即日融資》OK!来店・保証人等不要でインターネットからお申込み可能!ご利用限度額は500万円まで年率7.8%~18.0%
消費者金融キャレント (σ´∀`)σお金のことでお困りなら「消費者金融のいつも」 消費者金融キャレント
消費者金融ユニーファイナンス 愛知県名古屋市に本社のあるブラックでも借りられると口コミやネットの評判があり評価の高いブラック対応の消費者金融のユニーファイナンス。
消費者金融ユニーファイナンス 株式会社ユニーファイナンス 消費者金融ユニーファイナンス
キャッシングサービス ライフティ 今注目のキャッシングサービス「ライフティ」他社にはない独自の審査基準とポイントサービス!初回カード無料発行だから、お借入・ご返済がラクラク!来店不要のWEB完結!
キャッシングサービス ライフティ 来店不要のWEB完結!キャッシングなら【ライフティ】 キャッシングサービス ライフティ
アローのWEBキャッシング 要なときに、必要なお金を、必要な人に、無担保かつスピーディーな使途自由ローンです。来店不要!WEB申込で24時間全国受付!≪独自審査≫過去に自己破産・債務整理された方もご相談可能です!!
アローのWEBキャッシング ≪独自審査で来店不要!≫株式会社アローのWEBキャッシング!
インターネットで24時間全国どちらからでもお申込み受付中! アローのWEBキャッシング
消費者金融ハローハッピー ☆ご利用目的に応じたご融資サービスをご提供☆ひとりで悩んでいないで是非【ハローハッピー】までご相談下さい! きっと明日が変わります。ご融資のご相談は安心できるパートナーになれるハローハッピーに!!
消費者金融ハローハッピー お気軽にご相談下さい【ハローハッピー】 消費者金融ハローハッピー
消費者金融アルク ご融資のことなら♪大阪梅田の『アルク』♪ご利用目的に応じたご融資サービスをご提供します。ひとりで悩んでいないで是非ご相談下さい!きっと明日が変わります。まずはこちらまで♪
消費者金融アルク お気軽にご相談下さい【消費者金融のアルク】 消費者金融のアルク
消費者金融 消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。貸金業登録をしており無登録の金融会社を闇金融という。
カードローン 銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付け(ローン)の一つである。銀行又は協同組織金融機関が発行するカードを利用するローンである。カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れることができる。
おまとめローン 銀行が多重債務者に低金利で融資を行っているローン商品である。おまとめローンで複数の貸金業者のローンやクレジットをまとめると、月々の支払いが軽減されたり、支払日が統一されるので支払いの管理がしやすいメリットがある。女性専用のおまとめローンを導入している銀行もある。
書き込み掲示板 消費者金融などの書き込み掲示板を紹介 書き込み掲示板 書き込み掲示板はこちら
消費者金融 消費者金融を探されている方へ 消費者金融 消費者金融はこちら
金融商品 FXや先物取引などの金融商品へ 金融商品 金融商品はこちら
クレジットカード クレジットカードを作ろうと思われている方へ クレジットカード クレジットカードはこちら
リンク集 こちらの書き込み掲示板のリンク集です リンク集 リンク集1 | リンク集2
金融用語集 金融用語を集めたページへ 金融用語集 金融用語集はこちら
消費者金融セントラル はじめての方でもご来店不要で、即日お振込みの振込キャッシング!日本全国の皆様からのお申込みに対応!セントラルの金利は4.80%~18.00%(実質年率)と明瞭安心。
日本全国の皆様からのお申込みに対応します!
消費者金融セントラル WEBで当日最短融資!セントラル 消費者金融セントラル
消費者金融のプラン 全国どこからでも24時間ネットでお申し込みからご契約まで可能です。又、キャッシュサービスプランでは1万円から最高50万円までご融資可能です。
消費者金融のプラン 安心のパートナー、消費者金融のプランは即日融資です! 消費者金融のプラン
電子掲示板 電子掲示板(でんしけいじばん、BBS、英語: Bulletin Board System)とは、コンピュータネットワークを使用した環境で、記事を書き込んだり、閲覧したり、コメント(レス)を付けられるようにした仕組みのことである。単に「掲示板」と呼んだり、英語表記の略語で "BBS" と呼んだりする。 電子掲示板を利用すると、情報交換や会話・議論などを行うことができる。主に、パソコン通信やインターネットのウェブなどの上で実装される。掲示板を電子的に実現したようなものであることから、「電子掲示板」と名付けられたらしい。
利息制限法 利息制限法及び出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)に基づく範囲内の金利で貸し付けるものと、これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)がある。ただし、貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法は、罰則はないものの強行規定(強行法規)である。強行規定は、公序良俗を具体化したものであり、公の秩序を維持することを目的とすることから、罰則の有無にかかわらずこれを遵守しなければならないとされる。
金融商品 金融商品(きんゆうしょうひん:financial instruments)とは、日本の企業会計における用語としての金融商品は、金融資産、金融負債およびデリバティブ取引に係る契約の総称であり、複数種類の金融資産または金融負債が組み合わされているもの(複合金融商品)も含まれる。金融商品取引法においては、金融商品の概念は、同法の規制対象として定義されるデリバティブ取引においてその原資産となり得るもの、有価証券、預金、外国為替及び外国貿易、通貨、商品先物取引
クレジットカード クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。通常、使用者の属性に応じてカードごとに利用限度額が定められており、日本では一般カードで5万~50万円、利用実績などによっては50万円超~100万円程度、富裕層を対象としたゴールドカードでは50万~300万円程度となっており、属性や利用実績などによって開きがある。諸外国のカード会社では、限度額を月給のX倍相当額迄などと設定しているケースもあるそうだ。
リンク集 ウェブサイトの一部としてのリンク集 特定のコンテンツとして多くのウェブサイトに設置されている。そのサイトに関連するサイトへのリンク、管理者の知り合いサイト、相互リンクしているサイト、公式サイト等である。階層的には総じて下であり、訪問者が真っ先に目に付くよう大々的に紹介していることは少ない。そのため訪問者数に対する閲覧率は低いそうだ。
金融 金融(きんゆう、英語:finance、資金の融」の略語)とは、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。様々な経済主体が活動を行う際、常に資金が不足する者と資金が余剰する者とが生じる。金融は、その両者を結び、資金が必要とされるところへ配分させる機能をもち、これにより両者には金銭上の債権債務関係が生じる。金融活動は、資金の調達・配分・投資・融資の3区分として捉えられている。
消費者金融書き込みのその他
手形法(てがたほう)は、約束手形及び為替手形に関する法律関係について規定した、日本の法律である。小切手法とともに有価証券法を構成し、広義の商法に含まれる。

手形(てがた)とは、
一定の内容の証明となる証文には手形を押したことから、一定の資格や権利を証明する書面そのものも手形という。通行手形、切符手形、約束手形、為替手形といった使われ方をする。

為替手形(かわせてがた)
手形の振出人が、第三者に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のことである。略称は為手。遠隔地との取引をする際、現金を直接送ることの危険を避けるために用いられることが多い。
日本の商慣行では、江戸時代の遠距離取引においては為替の手段として今日の為替手形と同様の物が用いられていた。水戸黄門漫遊記でも、黄門一行が路銀を受け取る手段として度々登場する。現在では、国内取引の決済手段としては、ほとんど用いられない。債権者が債務者に引き受けさせ、期日に支払いをさせるといった、融資の手段として用いられる。

約束手形(やくそくてがた)
手形の振出人が、受取人またはその指図人に対して、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する形式の有価証券のことである。
手形は、2~3か月程度の中期信用を担う手段として広く利用されていることもあり、日本国内で流通する手形のほぼすべてが約束手形である。
約束手形の一つに、自動車など高額商品の分割払い用の手段としてマル専手形がある。商品購入の際に金融機関で専用の当座預金口座を開設し、口座に入金後分割払い分の手形を振り出し、販売者に渡すものである。1980年代まで自動車購入時の分割払いに使われていたが、自動車ディーラーの債権回収業務の負担が増大したことなどから、1990年代以降自動車メーカー系ファイナンス会社や信販会社、当のマル専手形を扱った銀行など金融機関によるオートクレジットやオートローンの拡大により、制度としては存在するものの実際の利用はほとんどなくなっている。

消費者金融書き込み次へ ページトップへ
消費者金融書き込み


消費者金融書き込みをGoogle Bookmarks に追加